Apple、来年発売されるであろう「iPhone 7」ではベゼルフリーデザインを採用か

 
iPhone-7

9月9日のスペシャルイベントで披露させる次期iPhoneこと「iPhone 6s」に胸を高鳴らせている方も多いことであろう。だが、既にAppleは来年に発売されるであろう「iPhone 7」の製作も開始しているというのだ。

Digitimesによると「iPhone 7」では、ガラス技術を搭載したタッチスクリーンを搭載しベゼルフリーデザインを採用すると報じている!

ついにベゼルフリーデザインへと生まれ変わるのか!?

毎年、新作のiPhoneが発表される前にはネット上にて様々なコンセプトイメージが公開されており、その中にはベゼルフリーデザインを見かけることも多々有る。

そんなベゼルフリーデザインがガラス技術を採用することによって、ディスプレイ端の部分でもタッチが可能となることから技術的にも可能になるとしている。実は初期のiPhoneでは既にガラス技術を採用したタッチスクリーンを搭載していたが、その際は技術的にも再現することができなかったものと考えられる(デザインとして上がらなかった可能性もあるが)。

ただ「iPhone 5」以降、インセルタッチ型タッチスクリーンへと変更され軽量化を図ったAppleが本当に再びガラス技術を搭載したタッチスクリーンを採用するのか疑問である。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 

関連記事

コメント0

Comment

*

CAPTCHA