【メモリゲート問題】「iPhone 7」におけるモデムの性能の差は意図的なものであった可能性が指摘される

 
iphone-audiojack

iPhone 7」では、iPhone 6sシリーズのチップゲート問題の再来かとも囁かれているある問題が浮上している。そのある問題というのが、Qualcomm製のモデムとIntel製のモデムによる性能差である。

これについて、Appleが意図的にQualcomm製のモデムの性能を落とした可能性があると報じているのでご紹介。

あえて速度の遅いIntel制モデル合わせた?

iPhone 7のQualcomm製のモデムとIntel製のモデムの性能に差が生じていることは今までの当サイトでも何度が取り上げてきたが、日本国内で販売されているデバイスにおいてはQualcomm製のモデムで統一されているためそれほど注目がなされていない。

一方、アメリカではAT&T/T-Mobile版がIntel製、Verizon/Sprint版がQualcomm製とキャリアによって異なってきていることもあり大きな問題へと発展しているようだ。ちなみに、QualcommのX12モデムは1秒あたり600Mb、IntelのXMM 3360では1秒あたり450Mbといった結果からも、その差は歴然である。

しかしながら、Twin Primeが行った調査によればQualcommのモデムを搭載したiPhone 7はIntelのモデムを搭載したiPhone 7よりも少しばかり早い程度でそこまで大きな差は見受けられなかったとのこと。このことから、モデムには差があるにも関わらず、iPhone 7上での速度では差が無いことから意図的にAppleが調節を促している可能性があるのではないかといった結論に至っているようだ。

そもそも、なぜAppleが異なるサプライヤーからモデムを調達しているのかと疑問に感じる方もいるかと思われるが、簡単な話、リスクマネジメントである。どうしても、1つのサプライヤーに頼ってしまうと価格が偏ってしまい高くなってしまう。そうしないためにも複数のサプライヤーから調達することによって市場を安定させ価格を抑えるのが狙いであるといえる。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 

関連記事

コメント0

Comment

*

CAPTCHA