【メモリゲート問題】「iPhone 7」の32GBモデル、256GBモデルと比べ処理速度が8倍も遅いことが判明

 
iphone-7_jetblack

iPhone 7 Plus」の 32GBモデルにメモリーゲート問題の可能性があることをお伝えしたが、その際にはサンプル数が少なかったため正確なデータが取れていなかったこともあり確証がなかった。

そんななか、Unbox Therapyが同様のテストを行ったようで、その結果「iPhone 7」の32GBモデルは256GBモデルと比べてストレージ処理速度が8倍も遅いことが明らかとなった。

「チップゲート問題」の悪夢再び

iphone7_memorygateproblem

iPhone 7の32GBモデルおよび256GBモデルのベンチマークテストを「PerformanceTest Mobile」を用い独自に行ったところ、読み込み速度は256GBモデルが856MB/s、32GBモデルが656MB/sと大きな差は見られなかった。

それに対し、書き込み速度は256GBモデルが341MB/sであったのに対し、32GBモデルは42MB/sと明らかに遅い計測結果をたたき出した。これは8倍以上の差を生み出してしまっている。一般的にはストレージ容量が大きいほど処理速度は速くなるとされてはいるものの、今回の計測結果はその常識をも逸脱したものとなっている。

前回、GSMArenaが行ったテストではデータ数が少なかっただけにメモリゲート問題と断定することができなかったが今回の計測では十分なデータがそろっている状況である。iPhone 6sのチップゲート問題が再来する可能性もあるだけにAppleの発表に注目していきたい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 

関連記事

コメント0

Comment

*

CAPTCHA