「iPhone 7/7 Plus」のジェットブラックモデル、背面の文字が剥がれる事例が報告される

 
iphone-7_jetblack

iPhone本体の薄さを維持しつつ保護したいユーザーの間で人気を博しているスキンシートやスキンシールと呼ばれる保護シートであるが、これを「iPhone 7」および「iPhone 7 Plus」に張る際には注意が必要だ。

なんと、デバイス背面にiPhoneと記された文字や技的マークなどの印字シートに転写され剥がれてしまうとの事例が報告されている。

背面印字された文字が保護シートにきれいに転写

jet_black_rubbing_off_02

MacRumorsの読者フォーラムに投稿された内容によれば、iPhone 7 Plusから保護シートを剥がしてみると背面に印字されていたはずの技的マーク等がシートに転写され、完全にとはいかないものの本体のコーティング状ほとんど見えなくなってしまったとのこと。

jet_black_rubbing_off

これに対し、邪魔な文字が消え格好良さが増したのではとポジティブな意見も散見されている。しかしながら、これを投稿したKeith氏によればシートを貼っていたのはものの1分ほどのことなので、これまで簡単に剥がれてしまうといかがなものかと感じてしまう。

なお、他のカラーラインナップにおいても念のため検証を行ってくれたユーザーがいるようで、その報告によればジェットブラック以外は問題なかったとのこと。少し話がずれるがディスプレイの保護ガラスであれば自分も愛用している以下の製品を推奨する。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 

関連記事

コメント0

Comment

*

CAPTCHA