「iPhone 7」は従来モデルよりも薄型化&バッテリー容量が拡大か ー 日本メーカーが受注

 
iPhone_7_Concept

4インチ型「iPhone SE」はiPhone 6sよりもバッテリー持ちが改善されているとされ評価されているが、今秋にも発売が見込まれている「iPhone 7」は従来よりも薄くなるにも関わらずバッテリー容量が増す可能性が噂されている。

そんなことが可能なのかと思ってしまうかもしれないが、そう日本の技術力を持ってしまえば可能なのだ。

日本の技術力を結集

iPhone_7_Parts

ET Newsがサプライヤー筋から得た情報によると、次期iPhoneこと「iPhone 7」は、現行モデルであるiPhone 6sやiPhone SEよりも薄くなると同時にバッテリー容量が大きくなるとのこと。

薄型化とバッテリー容量増加の要となるのは、通信電波のモジュールを小型化するといったもので既に日本のメーカに受注を開始しているとしている。

現時点では、Appleより受注を受けた日本のメーカーがどこであるかまでは明らかにされていないが、万が一この情報が事実であれば日本の技術が「iPhone 7」に採用されることは喜ばしい限りである。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 

関連記事

コメント0

Comment

*

CAPTCHA