「iPhone 7」向けとみられるケースをiPhone 6sで試用した動画が公開 ー ヘッドホン端子はやはり廃止か。「iPhone SE」用ケースもリーク

 


Appleが今年7月にも発表すると思われる次期iPhoneこと「iPhone 7」であるが、海外の人気YouTuberであるUnbox Therapy氏が「iPhone 7」向けと「iPhone SE」向けと見られるケースの動画をYouTube上に公開した。

カメラホールのサイズ・位置の差違

iPhone-7-Case-1

今回公開された検証動画から注目するポイントは大きく分類して2つ。1つはカメラの位置とサイズ。下記スクリーンショットを確認していただければ分かる通り、若干のずれが生じている。

iPhone 7ではデュアルレンズカメラが搭載されるとの噂もあるため、今回のケースが本物であるとするならば、その噂の信憑性も高まることとなる。

噂通りイヤフォン端子は廃止?

iPhone-7-Case-3

もう1つはイヤフォンが挿せないことからイヤフォン端子が廃止された可能性があると言うこと。既存の「iPhone 6s」用ケースと比較した部分では明らかにヘッドフォン端子部分の穴が狭くなっていることが確認できる。

iPhone-7-Case-2

実際に「EarPods」を挿そうとしている工程も確認できるが入らないことは明らかであるため、ステレオスピーカーが噂通り採用される可能性が高い。

「iPhone SE」用ケースは「iPhone 5s」のボタンと僅かにずれか

iPhone-SE

「iPhone SE」に関してはiPhone 5sとケースの互換性があるとも噂されていたが、ケースをiPhone 5sに取り付けた映像を確認してみると、マナーモードスイッチや音量ボタン部分に僅かながらずれが生じていることが明らかとなった。

ただ、これに関してUnbox Therapy氏は曲面ガラスが採用されるためであると分析しておりiPhone 5sとはそれほど変化が見られないものとしている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 

関連記事

コメント0

Comment

*

CAPTCHA