「iPhone 7」、サプライヤーが生産準備に着手 ー デュアルレンズカメラ、ステレオスピーカー搭載か

 
iphone_7_render_mr

今年秋にも発売が噂されている次期iPhoneこと「iPhone 7/7 Plus」の生産準備にサプライヤーであるCirrus LogicとAnalog Deviceが取り組み始めたとのこと。

「A10」チップはTSMCが独占受注。Samsungは除外

Digitizesが情報筋から得た情報によると、搭載される「A10」チップはTSMCの独占供給となる模様。「iPhone 6s」「iPhone 6s Plus」では、TSMC製の他、Samsung製が存在していたが度重なる訴訟問題性能差の差異問題が取り沙汰された際にそれほど差が見られなかったことが起因しているのではないかと考えられる。

TSMCは16nm FinFETプロセスの生産能力を拡大するとともに、独自開発したパッケージング技術「InFO(Integrated Fan Out)」による量産を2016年第2四半期よりスタートするとも報じておりiPhone 7の生産では同技術が用いられるものと思われる。

ヘッドホン端子廃止は濃厚か

当初より噂されている通りiPhone 7ではヘッドホン端子が廃止される見込みで、Cirrus LogicはLightning接続の「EarPods」の提供に向け準備を進めているようだ。

その一方でAnalog Deviceはデュアルレンズカメラの部品を生産する予定であるが、同レンズカメラは5.5インチモデルにのみ搭載されるといった噂もあり今後の情報を待つしかない状況となっている。

どちらにせよ生産準備にとりかかったということは確実とみられるので、発売は例年通りであれば9月中にはは行われるはず。今後の動向が分かり次第随時当サイトにおいても紹介していく。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 

関連記事

コメント0

Comment

*

CAPTCHA