現時点での「iPhone6s/6s Plus」のシェア率はiPhone 4の半分と伸び悩み始めていることが判明

 
iPhone_6_Plus

オープニング週末の3日間で1,300万台以上を売上、歴代新記録を樹立した「iPhone 6s」シリーズであるが、全体の伸び率から比較してみると現時点ではiPhone 4の半分と既に伸び悩み始めていることが判明した。

歴代新記録を樹立したにも関わらず「iPhone 6」以下の普及率

img201510031130410

Localyticsが公開したデータによると「iPhone 6s」シリーズの普及率はiPhoneシリーズ全体のわずか1.9%(iPhone 6s:1.5%、iPhone 6s Plus:0.4%)であるとしていることに対し、「iPhone 6」シリーズでは同期間中に2.7%(iPhone 6:2.4%、iPhone 6s Plus:0.3%)と現時点でのシェア率が伸び悩み始めていることが伺える結果となった。

ただ、同サイトによると同様の傾向はiPhone 5sでも見受けられたことが調査によって明らかになっており発売直後のシェア率は伸び悩んでいたとしている。この傾向と同様のものであればiPhone 6sシリーズのシェア率も自然と伸びていくものと思われる。

img201510031130412

なお、歴代iPhoneシリーズのシェア率をグラフに表したものを確認していただければ明らかであるように、iPhone 6が33.2%と圧倒的なシェ率を確立しており、次いでiPhone 5sの23.2%、iPhone 5の11.2%と続いている。

発売当初から過去最大のシェア率になるだろうとされていたiPhone 6sシリーズが、どこまで躍進することができるのか今後注目していきたいところだ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 

関連記事

コメント0

Comment

*

CAPTCHA