感圧タッチパネル「3D Touch」、5年の歳月を経てiPhone 6sより搭載へ

 
3D-touch

iPhone 6s」シリーズより新たに搭載された感圧タッチパネル「3D Touch」ではお馴染みのMulti-Touchジェスチャーに加えてPeekとPopが追加されたことによって操作性により一層多様性が生まれた。

そんな同機能であるが開発するのに5年の歳月を要していたことが明らかとなった。

開発から導入まで5年の歳月を経てリリース

「3D touch」の開発から導入までには何と5年もの歳月をかけたことを明らかとしたのは、元Appleのインタラクション・デザイナーAvi Cieplinski氏。

同氏によると「iPhone 6s」が届いた旨をツイートにて報告するとともに「アップルの5年に渡る仕事の成果だ。私が3D Touchしていることを信じることが出来ない」と感動の念を含ませたコメントを発しており、5年前のiPhone 4の時代から開発が行われていたことが明らかとなった。

いかに同機能がAppleの努力の賜物であるかが分かることとなった今回の件であるが、詳しい制作秘話に関しても後ほど知りたいところである。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 

関連記事

Comment

*

CAPTCHA