「iPhone 6s」、ベンチマークスコアでMacBookを上回ることが明らかに

 
A9

iPhone 6s」シリーズに搭載されている「A9」チップは製造されたメーカーによりサイズが異なることが判明したが、更に衝撃の事実が明らかとなった。

同シリーズのベンチマークを測定したところ2015年に発売されたMacBookに搭載されているCore Mシリーズにも劣らないスコアを叩きだしたことが判明したのだ!

シングルコアでの計測結果は驚きの数値に

GeekBench3にてiPhone 6sのベンチマークを2015年に発売されたMacBookの3モデル(1.1GHz、1.2GHz標準モデルと1,3GHzオプションモデル)と比較した結果が公開された。

スクリーンショット 2015-09-29 11.34.39

シングルスコアのみを見てみると最上位モデルである1,3GHzオプションモデルともそれほど遜色はなく、1.1GHzと1.2GHzモデルに関していってしまえばiPhone 6sの方が良い結果をだすこととなった。

さすがにマルチスコアの数値までは優ることができなかったものの測定を行ったJohn Gruber氏によると、「日常で使用した場合のスムーズさを測る上での指標はシングルコアである」と述べていることもあってマルチスコアに関してはそれほど気にしなくていいことが分かる。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 

関連記事

Comment

*

CAPTCHA