「iPhone 6s Plus」の感圧タッチパネルの部品は「iPhone 6s」と異なることが明らかに!!

 
iPhone-6s-Plus-3d-touch

好調なスタートを見せている「iPhone 6s」シリーズの分解レポートが続々と公開されているわけであるが、「iPhone 6s」と「iPhone 6s Plus」の感圧タッチパネル部分が異なっていることがiFixitの報告により明らかとなった!

「3D touch」のサイズは2モデルで異なっていることが明らかに

iPhone-6s-Plus-3d-touch-01

「iPhone 6s」と「iPhone 6s Plus」より搭載された感圧タッチパネル「3D Touch」の部品は、モデルごとにややサイズが異なっているとのこと。

iPhone-6s-Plus-3d-touch-02

iPhone 6sは「35mm x 6mm x 3.2mm」、iPhone 6s Plusは「15mm x 8mm x 4.9㎜」と小型化されており、それぞれ異なるものであることが明らかとなった。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 

関連記事

コメント0

Comment

*

CAPTCHA