【まとめ】「iPhone6s」シリーズの修理代金をAppleと各キャリアごとにまとめてみた

 
iPhone-repair

Appleが「iPhone 6s」ならびに「iPhone 6s Plus」の修理代金を明らかにした!

そこで今回は、Apple及び各キャリアでの修理代金ならびに「AppleCare+ for iPhone」プログラムでの修理代金をまとめておく!

「iPhone 6s」は14,800円、「iPhone 6s Plus」は16,800円に

Appleは「iPhone の画面の損傷の修理」のページを更新し、「iPhone 6s」と「iPhone 6s Plus」の修理代金が新たに追加された。デバイス別のディスプレイ割れによる修理代金は以下のとおり。

iPhone 6s Plus:16,800 円
iPhone 6s、 iPhone 6 Plus、iPhone 5s、iPhone 5c、iPhone 5:14,800 円
iPhone 6:12,800 円
別途消費税がかかります。Apple 正規サービスプロバイダを通してサービスをお受けになる場合は、サービスにより料金が異なることがあります。過失や事故による損傷は Apple 製品 1 年限定保証の対象になりません。

「iPhone 6s」シリーズでは感圧タッチディスプレイが搭載されたこともあってか、旧モデルと比較してみてもディスプレイ修理代金は若干割高に設定されている。

「AppleCare+ for iPhone」に加入すべし!

AppleCare+ for iPhone

私自身も加入しているが、iPhoneを購入してから30日以内に「AppleCare+ for iPhone」に加入することによって保障及びサポート期間が2年間に延長されるだけでなく、保障対象外の修理であっても自己負担ではあるものの1回あたり11,800円(税込)で2年間の内であれば最大2回の保障を受けることが可能となる。

Apple以外の保障サービスとしてキャリアサポートも視野に

Appleが「AppleCare+ iPhone」などの保障サービスを展開しているのはもちろんのこと、大手3キャリアであるドコモ、KDDI、ソフトバンクも修理代金の一部負担サービスの提供を行っている。ただ、現時点では「iPhone 6s」シリーズが発売前であることからか修理代金の発表は行われていない。

そこで執筆時点での現行モデル「iPhone 6」シリーズのサービス内容を各キャリアごとに簡単にまとめておく!iPhone 6シリーズの修理代金は明らかになり次第追記していく。

ドコモ

ドコモでは「ケータイ補償サービス for iPhone」といったサービスを展開しており、1年間に最大2回まで自己負担額7,500円で修理を依頼することが可能となっている。なお、月額料金はiPhone 6、iPhone 6 Plus、iPhone 5sで600円となっている。

KDDI

KDDIでは「スマートパス」といったサービスを展開しており、2年間に最大2回まで自己負担額は最大7,800円で修理依頼をAppleに代行することが可能となっている。なお、月額料金はauスマートパスの利用料金372円となっており3キャリア最安値となっている。

ソフトバンク

ソフトバンクでは「あんしん保証パック(i)プラス」といったサービスを展開しており、Appleでの修理代金はiPhone 6の場合87%、iPhone 6 Plusの場合90%が月額料金から天引きされる仕組みとなっている。なお、月額料金は650円となっており3キャリア最高値となっている。

購入間もなくしてiPhoneを落としてしまいディスプレイを割ってしまう方も決して少なくはないため、この機会に各修理代金を再確認しておいて損はないはずだ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 

関連記事

コメント0

Comment

*

CAPTCHA