「iPhone 6S」のフロントカメラはカメラ画質が向上し、パノラマ撮影などにも対応か

 

CHJrYoFW8AEMDwU

次期iPhoneこと「iPhone 6S」並びに「iPhone 6S Plus」では16GBモデルが廃止され32GBモデルが復活するといった噂やフルHDディスプレイ及び2Kディスプレイが搭載されるなどといった期待したくなる噂でいっぱいだ。
http://uragadget.net/2015/06/02/post-6034/
http://uragadget.net/2015/05/24/post-5969/
そんな中、新たにiPhone 6Sのフロントカメラはこれまでよりもカメラ画質が向上し、フラッシュ及び1080p画素の動画撮影をサポートするかもしれないことが9to5Macにより分かった。

iOS 9のソースコードより画質向上などに関する記述を発見

該当ソースコードを発見したのはHamza Sood氏で「iOS 9」に存在する「CAMCaptureCapabilities」というシステムファイルに「CAMCaptureCapabilities isFront1080p120Supported」や「CAMCaptureCapabilities isFront720p240Supported」などの記述が発見された。



これにより、iOS 9においてFaceTimeのカメラが1080pの動画撮影やパノラマ撮影、240fpsスローモーション撮影のサポート並びにフラッシュのサポートにも対応することが予想できるようになった。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 

関連記事

コメント0

Comment

*

CAPTCHA