次期iPhone、ディスプレイ解像度を重要視。「iPhone 6 S」にはフルHDディスプレイ、「iPhone 6S Pulus」は2Kディスプレイを採用か

 
iPhone 6 S

次期「iPhone」は現行モデルである「iPhone 6」シリーズ同様、4.7インチと5.5インチの2種類のディスプレイパネルを採用し、ディスプレイの解像度も向上するらしいとfeng.comが伝えている。

“iPhone 6S”のディスプレイ解像度は”iPhone 6 Plus”と同等

現行モデルである「iPhone 6」は1334×750ピクセル、「iPhone 6 Plus」は1920×1080ピクセルが採用されており、feng.comの情報通りならば「iPhone 6S」と「iPhone 6 Plus」の解像度は同等となる。

iPhone 6s Plus」については、詳細なピクセル数は述べられておらず2Kとされている。ただ、現行モデルである「iPhone 6 Plus」が2Kの一種である1920×1080ピクセルであるため、それよりも画素数は高めになるものとみられる。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 

関連記事

コメント0

Comment

*

CAPTCHA