次期iPad miniの名称は「iPad Pro」になるとMac Fan 12月号が報じる

 
macfan201612

次期iPad miniにあたるモデルの名称が「iPad Pro」へと変更されシリーズの統一化が図られると、かねてより噂されていたが10月28日発売のMac専門雑誌「Mac Fan」が同様の内容について報じている。

すべてのiPadファミリーをプロラインに移行へ

Mac Fanによれば、現在、発売されている「iPad Air 2」「iPad mini 4」の販売は終了し全てのiPadファミリーをApple Pencilやスマートコネクタに対応したプロライン移行を検討しているとのことで7.9インチモデルは1,200万画素のiSightカメラを搭載するとしている。

また、9.7インチモデルのiPad Proはディスプレイ数が10.1インチに変更されるといった情報やiPhone 7シリーズで廃止されたイヤホンジャックに関する情報、出荷予定年などの情報が掲載されている。

先日行われた、スペシャルイベント「hello,again」でMacBook Airよりも薄い新型「MacBook Pro」が発売されたことによりAirシリーズの存在意義が失われつつあるなどブランドの統合、戦略を推し進めている状況からも分かるようにiPadシリーズが統合される日も近いのかもしれない。

なお、iPad Proに関する情報について詳しく知りたい場合には7.9インチモデル「iPad Pro」の実物大予想図が付属したMac Fan 12月号を購入して欲しい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 

関連記事

コメント0

Comment

*

CAPTCHA