「iPad Pro」、iPhone6s/6s Plusの2倍である12個のGPUコアをA9Xチップに搭載していることが明らかに

 
A9

iPad Proに搭載されている「A9X」チップには、iPhone6s/6s Plusの2倍にあたる12個のGPUコアが搭載されていることが明らかとなった。

「iPhone6s/6s Plus」用A9Xチップの2倍

A9X

Chipworksが発表した分析によると、iPad Proに搭載されているA9XチップはiPhone6s/6s Plusに搭載されているA9チップと比べ約40%面積が広がり、GPUコアも12個と倍になっている。

これに伴い、MacBook Airにも引けをとらないベンチマークを叩き出すことが可能となっている。なお、iPad ProのA9Xチップは全てTSMC製とのことでiPhone6s/6s Plusのように性能に関する物議を醸すことにはならないだろう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 

関連記事

コメント0

Comment

*

CAPTCHA