9.7インチ型「iPad Pro」、1200万画素のカメラを搭載し4K動画の撮影をサポートか

 
ipadpro

iPad Airシリーズの次期モデルとしてiPad Air 3がリリースされるかと思いきや、それに相当する9.7インチ型の「iPad Pro」が後継としてリリースされる可能性があることが明らかとなった。

iPhone 6sに匹敵するカメラセンサーを搭載か

9.7インチ型「iPad Pro」は、iPhone 6sに採用されているものと同等のカメラセンサーが採用されるとしている。9To5Macが情報筋から得た情報として、iPad Proは1,200万画素のカメラを搭載するほか、4K動画の撮影をサポートしFace Time HDカメラ、12.9インチ型iPad Pro同等のA9Xプロセッサー、Apple Pencilの対応、Smart Keyboard対応のコネクターが搭載されると報じている。

現行のiPad Proを用いているユーザーにとってはそれほどまで魅力的なデバイスとは感じられない可能性が高いが、12.9インチは大きすぎるといったユーザーにとっては9.7インチで12.9インチ以上のスペックを備えた同デバイスは魅力的に感じるかもしれない。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 

関連記事

コメント0

Comment

*

CAPTCHA