「iPad Air3」の発売は早ければ年内中に実現か。スペックは12インチ型iPad Proと同等に

 
iPad-Air3

先日行われたスペシャルイベントでは「iPad Pro」や「iPad mini 4」は発表されたものの、iPad Airに関しては次期モデルの発表がされず残念に思っていた方もいたのではないだろうか。

だが、Cult of Macによると「iPad Air3」が早ければ年内中、遅くとも来年初旬にかけて発表されるのではないかとしている!

2015年以内の発売に期待してもいい?

同サイトによると、AppleはiPad Airシリーズの買い替えサイクルを変更したわけではないと始めに示した上で、可能性はけして高くはないものの早ければ年内の10月上旬にも。遅くとも2016年の頭には発売することを計画しているとのこと。

スペックは「iPad Pro」並みと大幅に向上

なんと「iPad Air3」のスペックはまさにプロ並みと謳われていた12インチ型「iPad Pro」並みのスペックを要しているとし、CPUはA9かA9Xプロセッサ、RAMは2GBあるいは4GB、4Kに対応した9.7インチRetinaディスプレイ、内蔵ストレージは16/64/128GB、iSightカメラは800万画素、FaceTimeカメラは120万画素になる見通しとなっている。

これらの情報が事実であれば、「iPad Air3」は大幅なアップグレードが行われることもありiPad Proよりも売れるのではないかと予想している。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 

関連記事

コメント0

Comment

*

CAPTCHA