12.9インチ型「iPad Pro」、部品の出荷は9月より開始か

 
iPad Pro

今年11月にも発売が噂されている12.9インチ版iPadこと「iPad Pro」の部品が9月にも開始されるとのことで、生産台数は毎月約100万台を生産する予定であることがJPモルガンのアナリストのレポートにより明らかとなった。

入力精度を向上を目的としたGFFタッチパネル構造を採用

サプライチェーンを訪れたアナリストによると、「iPad Pro」は入力精度の向上を目的とした「glass-film-film(GFF)」方式のタッチパネル構造を採用するとし、これらはBluetoothスタイラスのサポートをする上での施策と考えられる。

なお、採用される予定であるGFFはiPadで唯一のフィルムサプライヤーである日東電工のフィルムであるとのこと。

http://uragadget.net/apple/ipad/ipad-news/post-7337

http://uragadget.net/apple/ipad/ipad-news/post-6804

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 

関連記事

コメント0
TAG :

Comment

*

CAPTCHA