iPhone、バックグラウンドで起動しているアプリを強制終了してもバッテリーの節約につながらないことが明らかに

 
app-Switcher

ホームボタンをダブルタップすると表示されるバックグラウンドで動作しているアプリを強制することによって、バッテリーの節約に繋がるといった話を度々耳にするが、どうやらそれらの情報は間違っていたようだ。

バックグラウンドで動作しているアプリを強制終了してもバッテリーの節約にはつながらないとのこと!

一部アプリは自動的にタスクの終了を行っていた

AppleInsiderによると、ホームボタンをダブルタップした際に表示されるAppスイッチャーに表示されているアプリ全てがバックグラウンドで動作していると考えていることが多いが、そのようなことは一切なく強制終了させている行為は時間の無駄だとしている。

iOSではインテリジェント・マルチタスキングと呼ばれる機能が採用されており、全てのアプリとまではいかないもののアプリが自動的にタスクの終了を行っておりバックグラウンドで動作しているアプリはごくわずかであるようだ。

なお、アプリを強制終了する目的はアプリがフリーズした際の復旧策としての手段であるとし普段は行う必要が無いことを示唆している。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 

関連記事

コメント0
TAG :

Comment

*

CAPTCHA