iOS に2年以上隠されていた機能の存在が明らかに!iPhone 6 Plus向けに導入を検討か

 
onehand-keyboard

iOS向けキーボードアプリATOKなどにも採用されている、片手キーボード入力機能をご存じだろうか。ディスプレイサイズが大きいことから片手では入力しにくい文字入力をキーボードを左右に寄せることにより容易にする機能である。

その機能がなんと、iOS 8より存在していたことをデベロッパーであるSteve Troughton-Smith氏が発見した。

「iOS 8」の頃には既に実装済みであった片手モード

キーボードの端から左右に向かってスワイプすることによって、有効化することができる「片手キーボード入力機能」であるが現時点ではまだ正式な機能としてリリースされていないものの実装自体は2年前のiOS 8より行われていたようだ。つまり、「iPhone 6」および「iPhone 6 Plus」の投入と同時に同機能の検討を進めていたと考えることが妥当であろう。

片手キーボード入力機能を有効化することによって、空きスペースができてしまうわけであるがその部分にはカット・コピー・ペーストといったショートカットキーが配置されることとなっている。

正式な機能としてリリースされていない同機能ではあるものの、脱獄したデバイスでのみインストールすることのできる「OneHanded」なるTweakもリリースされているため興味のある方は導入してみてはいかがだろうか。

実際にシュミレーター上で動作させている動画がSmith氏により公開されていたので併せて見て欲しい。

今後、この機能が正式な機能としてリリースされる日が訪れるかは定かではないがサードパーティ製アプリであれば既に同様の機能を利用できるアプリも多く存在する。一先ず試してみたいといった方は、それらをインストールしてみることをおすすめする。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 

関連記事

コメント0
TAG :

Comment

*

CAPTCHA