「iOS 9」では「iPhone 4s」などの旧デバイスもサポートの対象、セキュリティにも本腰へ。脱獄に影響も

 
iphone4sios70

Appleは発売からある一定の期間経過したデバイスに対しては最新バージョンのiOSのサポートを行うことはない。だが、「iOS 9」では「iPhone 4s」や「iPad mini第1世代」、「iPod touch第5世代」などのいわゆる旧デバイスに対してもサポートの対象とするようだと9to5Macは報じている。

各デバイスに最適化したiOSを

情報筋から得た情報として、iPhone 4S並びにiPad mini第1世代、iPod touch第5世代、A5チップ搭載のiOSデバイスなどでiOS 9をインストールすることが可能とのこと。
各デバイスに適した機能を追加並びに排除することにより安定した動作を保証するとしており、iOS 8リリース時に頻発した初期不良問題と同じ過ちを犯さないよう神経を尖らせているものとみられる。

新セキュリティシステムを採用!脱獄界隈に影響も

Appleは、新セキュリティシステム「Rootless」の採用に乗り出しているようだ。同セキュリティシステムは、OSX並びにiOSのカーネルと同等のものでコードネームは「huge」とされている。

このセキュリティシステムの採用にあたり、脱獄に不可欠なシステムファイル等へのアクセスがこれまで以上に困難となり、脱獄に必要な脆弱性を発見することがより一層難しくなることとなる。

Source:9to5Mac

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 

関連記事

コメント0

Comment

*

CAPTCHA