「iOS 9.3」ではサードパティアプリからiCloudミュージックライブラリに音楽を追加可能に

 

iCloud_Music_Library
これまでiPhoneやiPadに音楽を同期するにはPCが必須となってきた。だが近いうちにリリースされるであろう「iOS 9.3」ではサードパティアプリからiCloudミュージックライブラリに直接楽曲を追加できるようになるとBen Dodson氏が伝えている。

新機能「メディアライブラリ」により実現

デベロッパー及びパブリックテスター向けにリリースされている「iOS 9.3」であるが、いずれのベータ版においても「設定」>「プライバシー」より「メディアライブラリ」を有効にすることが可能となっている模様。

ただ現時点では同機能をサポートするアプリがリリースされていないため楽曲の取り込みを行うことは不可能であるが、iOS 9.3が正式にリリースされればSoundCloudなどのアプリからiCloudミュージックライブラリへと移すことが可能なものと思われる。

近年ではiPhoneなどスマートフォンで事足りることも多いためPCを持つユーザーも少なくなっていることが今回の機能が採用された要因だと考えられる。どちらにせよ、PCを用いずミュージックライブラリを管理できることは場所を選ぶ必要がなくなるので便利だといえる。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 

関連記事

Comment

*

CAPTCHA