エラー 53問題を修正した「iOS 9.2.1 (13D20)」がリリース

 
touchid

本日、Appleエラー 53問題の修正を行った「iOS 9.2.1 (13D20)」を一部デバイス向けにリリースした。

エラー 53問題

エラー 53問題とは、iPhoneやiPadなどTouch IDを含めたパーツをAppleに認定された正規店以外で修理した後にアップデートや復元を行うことができずリンゴループに陥る問題。

同問題はアメリカでは集団訴訟にも発展しており、これまでセキュリティ上の観点から当たり前だとしていた姿勢を軟化させ今回のアップデートに踏み込んだ模様。

問題のデバイスが「iOS 9.2.1(13D20)」で復元可能

TechCrunchがAppleより受けた報告によると、「iOS 9.2.1(13D20)」で非正規店で修理したデバイスの復元が可能となったとのこと。

以下、Appleからの報告による。

一部のお客様がiOSアップデートを試みた際デバイスに「iTunesに接続してください」と表示され、iTunesにて【エラー 53】が発生する場合がありました。これは、製造工場にてTouch IDがきちんと動作しているかを調べるためのプロセスでした。

本日、このエラーが発生していたお客様向けに、PCやMacのiTunesを使ってiOSデバイスを正常に復元出来るアップデートを実施しました。

ご不便をお掛けし、申し訳ございませんでした。謝罪いたします。これは製造工場でのテストに必要なものであり、お客様に影響を及ぼす事を目的とした物ではありません。
もし、この問題が発生し、保証対象外での金額で修理を行ったお客様には返金を行います。AppleCareへご連絡ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 

関連記事

コメント0

Comment

*

CAPTCHA