「iOS 8.2」に脆弱性が発見され、リリースは来週へ持ち越しへ

 
15433093410_7e05904e00_k

早ければ、今週の月曜(3月2日)にリリースされる予定だった「iOS 8.2」だが、「FREAK」と呼ばれる新たな脆弱性が発見されたことによりリリース予定が来週に持ち越されたことが分かった。

「FREAK」とは…

Appleの「Safari」やAndroidのブラウザを使用した場合、通信内容を傍受、監視されてしまう恐れがある脆弱性で90年代から存在

この脆弱性の発見に伴い、Appleは既にリリース予定だった「iOS」と「OS X」の修正を行っており、来週にはリリースできる予定であることを正式に発表した。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 

関連記事

コメント0

Comment

*

CAPTCHA