一部デバイスにおいて「iOS 8.1.3」でのバッテリー持ちの悪さが報告される

 

5491bf7be2184先日、「iOS 8.1.3」がリリースされたわけだがApple サポートコミュニティにて、一部ユーザーにおいてバッテリーの消費が激しくなったなどの報告がされていることが分かった。

旧世代モデルに影響か

Apple サポートコミュニティによると「iPhone 4S」や「iPhone 5」、「iPad 2」といった1,2世代前のモデルでの報告が目立つ形となっており、「iPhone 6」等の最新モデルでの報告は極わずかに留まっている。

「iOS」のアップデートが行われるとかなりの割合でバッテリー持ちの問題が話に挙がってくる。
原因としては、「iOS」のアップデートから数時間はバックグラウンドで最適化の処理が行われていたり、設定等がリセットされているといったものが多い。
アップデート後、バッテリー持ちに違和感を感じたら設定を今一度確認してみることをお勧めする。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 

関連記事

コメント0

Comment

*

CAPTCHA