解析には1000年?「iOS 10.2」、iTunesでのバックアップ暗号技術を大幅に改善!

 
ios10

本日未明、Appleが「iOS 10.2 Beta2」をデベロッパー向けにリリースしたが同バージョンからは、iTunesでのバックアップ暗号技術を従来よりも大幅に改善しているようだ。

歴代最高の暗号化技術に

iMazingによれば、AppleがiTunesで使用しているバックアップ暗号技術は「iOS 4」からほとんど進歩していないそうだ。それにも関わらず、リリース直後の「iOS 10」は、バックアップする際に設定するパスワード保護システムによる不具合が生じてしまったようで。およそ3時間でハッキングできてしまうほど脆弱な仕組みとなっていた。

早い段階で、事態の深刻さに気づいたためリリースから数週間後には「iOS 10.1」がリリースされたことにより同問題は修正が行われている。また、「iOS 10.2 Beta2」ではユーザーによる認証に欠かすことのできない暗号鍵作成を組み込むなど更なる修正が施されているとのことで破るには1,000年はかかるともされている。

最近ではFBIも利用したとされているイスラエル企業CellebriteのiPhoneロック解除技術をインドが政府主導で購入を検討しているなど、窮地に立たされているAppleであるが今回のセキュリティ向上を機に更なる高みを目指してほしいところ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 

関連記事

コメント0

Comment

*

CAPTCHA