Apple、デベロッパー向けに「iOS 10.2 Beta」をリリース―スクリーンショット音の消音化などに対応!

 
ios_10

本日、ヘルスケアデータの不具合等を修正した「iOS 10.1.1」がマイナーアップデートとして正式にリリースされたわけであるが、デベロッパー向けには「iOS 10.2 Beta」のリリースが開始された。

「iOS 10.2」ベータ版では、待望のスクリーンショット音(スクショ音)の消音化が標準で可能となったほか、新たな壁紙が追加されるなど。現時点で判明している新機能・変更点をご紹介。

「iOS 10.2 Beta」の新機能・変更点

新しい絵文字の追加

「Unicode 9」に新たな絵文字が100種類ほど追加されている

ios_10-2_beta-1_new_function_05

新しい壁紙の追加

3種類の新しい壁紙が追加されている

ios_10-2_beta-1_new_function_01

最期に撮影した設定の保存が可能に

設定」>「写真とカメラ」項目に新たに「設定を保持」という項目が追加され、最期に撮影したカメラ設定を保存することが可能となった

ios_10-2_beta-1_new_function_06

「ビデオ」アプリのウィジェットが追加

ウィジェット項目に「ビデオ」アプリの項目を追加可能に

ios_10-2_beta-1_new_function_04

メッセージのスクリーンエフェクトの追加

「メッセージ」アプリに新しいスクリーンエフェクト「セレブレーション」が追加されている

ios_10-2_beta-1_new_function_07

スクリーンショット音の消音化

従来、日本のSIMでアクティベートしたiPhoneにおいてはマナーモードの有無に関わらずカメラのシャッター音およびスクリーンショット音が鳴り響く仕様となっていた。ところが、今回のアップデートではマナーモードに設定することにより音が鳴らなくなるとのこと。

その他新機能・変更点

特筆した機能以外にも、アクセシビリティの設定項目として「ホームボタンを押したまま話す」が追加されたほか、「ミュージック」アプリの設定項目に「レーティングを表示する」の追加、Apple WatchのSOS機能を利用した際に設定した緊急連絡先に自動的に発信する機能が追加されている。

今回のベータ版では、スクリーンショット音の消音化が可能となってはいるものの前回の裏技同様に一時的なバグの可能性も十分に考えられるのであくまで可能性の話として捉えてもらえると幸いだ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 

関連記事

コメント0

Comment

*

CAPTCHA