「iOS 10.1」、シャッター音&スクリーンショット音を無効化できるバグを修正

 
iPhone7_and_iPhone7Plus

iPhone 7」および「iPhone 7 Plus」では、従来までモノラルであった内蔵スピーカーがステレオ再生にも対応したことから、これまで以上に音楽や動画を楽しむことができるようになった。

その一方で、シャッター音やスクリーンショット音までも大きくなってしまい不快感を示しているユーザーが多くいるのは間違いないはずだ。そんななか、先日未明にリリースされた「iOS 10.1」で残念な修正が施されてしまった。

シャッター音・スクショ音が無効化されず

「iOS 10.1」ではユーザー待望のApple Payが日本国内で解禁されたこともあってか、直ぐさまアップデートしたユーザーも多いようだ。しかしながら、アップデート後に写真撮影やスクリーンショット撮影を行った際に愕然としたことであろう。

電車でスクリーンショットを撮る際や、静寂なレストランで料理の撮影を行う際には十分に注意をしてほしい。サードパーティ製アプリであれば、純正カメラアプリよりも画質は劣ってしまうものの無音で撮影することができるアプリもリリースされているのでそちらを活用してみるのもありかもしれない。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 

関連記事

コメント0

Comment

*

CAPTCHA