【保存版】iOS 10のWi-Fi設定に表示されるセキュリティ勧告および非公開ネットワークの意味および対処法まとめ

 
ios_10

iOS 10よりWi-Fiに接続した際にセキュリティ警告および非公開ネットワークに関する表示がなされるようになった。

現時点で確認されている表示は、「セキュリティ保護されていないネットワーク」「セキュリティ保護されていない非公開ネットワーク」「安全性の低いセキュリティ」「非公開ネットワーク」の4つ。これらの表示の意味および対処法についてご紹介。


Appleが推奨するWi-Fiセキュリティとは

まずは、そもそもAppleが推奨するWi-Fiセキュリティってなんなの?と言ったところから説明していこうと思う。Apple公式サイトではWi-Fi ルーターおよび Wi-Fi アクセスポイントの推奨設定ページを公開しており以下の環境を推奨している。

項目
推奨設定値
SSID
任意の固有の名前
非表示のネットワーク(ステルス)
無効
MAC アドレスの認証/フィルタリング
無効
セキュリティ(暗号化方式)
WPA2 パーソナル (AES)
2.4 GHzの無線モード
802.11b/g/n
5 GHzの無線モード
802.11a/n
チャネル設定
自動
2.4 GHz のチャネル幅
20 MHz
5 GHz のチャネル幅
802.11nのAP:20 MHz および 40 MHz
802.11acのAP:20 MHz、40 MHz、および 80 MHz
DHCP
ネットワークごとに 1 つの DHCP サーバ
NAT
ルーターでのみ有効にする。
同一ネットワーク上でNATサービスを提供するデバイスは1台にする。
WMM (Wi-Fi マルチメディア)
有効

セキュリティに関する勧告

セキュリティに関する警告は「セキュリティ保護されていないネットワーク」「セキュリティ保護されていない非公開ネットワーク」「安全性の低いセキュリティ」の3つ。

次に、これらの表示の意味および対処法を順にご紹介。

セキュリティ保護されていないネットワーク

暗号化されていないネットワークに接続した際に表示される。この表示がされたネットワークに接続していると、通信内容の傍受および接続デバイスの遠隔操作、ハッキングされる可能性が生じる。

主に無料開放されているWi-Fiスポット接続時に表示されることが多い。

ios_10_wi-fi_message_04

対処法
ネットワークが暗号化されていない場合に表示される勧告であるため、MACアドレスによる接続制限やWEP以外の暗号化を行うことにより解決することができる。なお、暗号化する際は英字だけでなく数字を含めた英数字で設定することを推奨する。

セキュリティ保護されていない非公開ネットワーク

こちらは、「セキュリティ保護されていないネットワーク」同様に暗号化されていないネットワークに接続した際に表示されるほか、SSIDがステルスのネットワークに接続した場合に表示される。この表示がされたネットワークに接続していると、通信内容の傍受および接続デバイスの遠隔操作、ハッキングされる可能性が生じる。

ios_10_wi-fi_message_03

対処法
ネットワークが暗号化されていない場合に表示される勧告であるため、MACアドレスによる接続制限やWEP以外の暗号化を行うことにより解決することができる。なお、暗号化する際は英字だけでなく数字を含めた英数字で設定することを推奨する。

安全性の低いセキュリティ

無線LANの暗号化方式の規格である「WPA」のパスワードが弱い場合に表示される。

ios_10_wi-fi_message_05

対処法
ネットワークの暗号化自体は行われているもののWPAという比較的古い暗号化技術を使用しているがために警告が表示されてしまっている。そのため、WPA以外暗号方式であるTKIPなどの使用を推奨する。なお、暗号化する際は英字だけでなく数字を含めた英数字で設定することを推奨する。

非公開ネットワーク

SSIDを表示させない(ステルス)状態になっているネットワークに接続した際に表示される。

ios_10_wi-fi_message_02

対処法
ネットワークをブロードキャスト(不特定多数に同じ情報を同時に送信)することが有効である。

セキュリティ設定を変更できない場合

無料開放されているWi-Fiスポットや職場のWi-Fiスポットなど、自分自身でセキュリティ設定を直ぐさま変更ができないもので「セキュリティ保護されていないネットワーク」「セキュリティ保護されていない非公開ネットワーク」「安全性の低いセキュリティ」「非公開ネットワーク」の4つの警告が表示された場合には接続しない方が無難である。

どうしても接続したい場合には、VPN(Virtual Private Network)サービスなどを利用し仮想的な通信トンネルを構成したプライベートネットワークな状態で接続することを推奨する。

一先ず、VPNを利用してみたいといった方は最大2ヶ月間無料で使用することのできるインターリンクが提供するセカイVPNを一度試してみるのもありかもしれない。

セカイVPNとは

インターリンクは、1995年よりインターネットサービスを開始した老舗プロバイダーです。
当サービスは、最大2ヶ月、無料体験でお試しいただけます。無料体験は、契約の拘束などは一切ありませんので、無料体験期間内に退会すれば、一切費用はかかりません。まずは最大2ヶ月、無料でお試しください。



仕様

接続方法 PPTP
L2TP
OpenVPN
IPアドレス 共有IPアドレス
※接続先VPNゲートウェイサーバーのIPアドレスでの通信となります
VPN接続国 日本
アメリカ
ドイツ
香港
台湾
韓国
対応OS Windows
MacOSX
iOS(iPhone.iPad)
Android
使用ポート、プロトコル [PPTP] TCP1723、GRE47
[L2TP] UDP500、4500
[OpenVPN] UDP123 または  UDP1194
※日本、香港のOpenVPNのポートは「UDP123」になります
※韓国、アメリカ、ドイツ、台湾のOpenVPNのポートは「UDP1194」になります。
最大セッション数 3セッション( 1アカウントで最大3台まで同時接続可能)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 

関連記事

コメント0
TAG :

Comment

*

CAPTCHA