iOSアプリよりもAndroidアプリがアンインストールされやすい理由とは?

 
android-app-uninstall

みなさんはインストールしたアプリを頻繁に削除しているだろうか。

AndroidデバイスではiOSよりも2倍の頻度でアプリがアンインストールされやすいとの調査報告をAppsFlyerが報告している。

平均して3割ものアプリがアンインストールされる

AppsFlyerによれば、2016年9月〜10月にかけて2,000万以上のデバイスから500ものアプリを対象として500ものアプリを調査した結果、平均3割ものアプリが最終的にアンインストールされてしまっているとの結果に至ったとのこと。

また、OS別でのアンインストール率についても明らかにしておりAndroidはiOSの2倍も多い数のアンインストールが行われていたとのこと。その中でも、ゲームアプリでの比率での差が顕著に表れたようで、iOSが13%だったのに対してAndroidでは43%にまでのぼったという。

それではなぜ、AndroidではiOSよりもアンインストールの頻度が多い傾向にあるのだろうか。これに関し、AppsFlyerは単にAndroidデバイスのストレージ容量がiOSデバイスと比べて低いからではないかとした上で、アプリの質やデバイスの性能も関連しているのではと推測している。

近頃では、iOSよりも手頃にストレージ容量の大きいデバイスが購入できるようになってきているだけに今回の調査結果は半年後には大きく変わってくるようにも考えられる。今後どのようになっていくか動向に注目していきたいところ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 

関連記事

コメント0

Comment

*

CAPTCHA