AndroidからiOSへデータを移行させる「Move to iOS」、1,000万ダウンロードを突破

 
iphone_android

AndroidからiOSへと簡単にデータを移行できる「Move to iOS」のダウンロード数が1年間で1,000万を突破していることが明らかとなった。

「Move to iOS」は2015年9月にGoogle PlayにてAppleがリリースした公式アプリ。リリース当初はAndroidユーザーからのコメントでレビュー欄が大荒れになるなど一時はどうなることかと思っていたものの記事執筆時点での評価は「5段階中2.7」と☆1が44,419件ある割には検討してる方かと思われる。

ただ、1,000万ダウンロードを突破したとはいうものの、あくまでもGoogle Playに表示されている「ADDITIONAL INFORMATION」と表記されているアプリ情報欄から確認できる範囲内のもので表示自体は「10,000,000 – 50,000,000」と大きくばらつきがあるため具体的な数までは明らかとなっていない。なににせよ、実際に移行に使われたかは不明ではあるが1,000万回以上はダウンロードされたことが分かることからAndroidから移行しているユーザーが一定数いることは間違いないだろう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 

関連記事

コメント0

Comment

*

CAPTCHA