Apple、6月1日以降に申請するiOSアプリは「IPv6」のサポートが必須になることを公表

 
IPv6

本日、Appleは2016年6月1日以降に申請するiOS向けのアプリ全てにおいて「IPv6」のサポートを必須とする新たな条件を追加することを公表した。

IPv6はNSURLSessionとCFNetwork APIによりサポートがなされているため、ほとんどのデベロッパーが影響を受けることはなさそう。

なお、先日にはApple Watch向けアプリのネイティブ化を必須条件とする案内も行っており、それぞれ6月以降の申請分から適応される。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 

関連記事

コメント0
TAG :

Comment

*

CAPTCHA