アプリ

Apple、6月1日以降に申請するiOSアプリは「IPv6」のサポートが必須になることを公表

IPv6

本日、Appleは2016年6月1日以降に申請するiOS向けのアプリ全てにおいて「IPv6」のサポートを必須とする新たな条件を追加することを公表した。

IPv6はNSURLSessionとCFNetwork APIによりサポートがなされているため、ほとんどのデベロッパーが影響を受けることはなさそう。

なお、先日にはApple Watch向けアプリのネイティブ化を必須条件とする案内も行っており、それぞれ6月以降の申請分から適応される。

ABOUT ME
裏ガジェ
裏ガジェ
実際に使ってみて良かった物や皆さんが躓きやすいポイント等を丁寧に紹介していきます。 仮想通貨に興味のある方はこちらのブログもチェックしてみてください→「そうだったのかビットコイン!