「Google翻訳」に「Word Lens」や「カメラ翻訳モード」機能が追加

 

google-translate-update

先日、リアルタイム翻訳機能のサービスが開始されるとお伝えした「Google翻訳」アプリだが本日のアップデートにより「Word Lens」や「カメラ翻訳モード」、「音声会話モードで言語を自動検出」などの機能追加が行われた。

Word Lens

看板や文字にカメラを向けるだけで翻訳アプリがリアルタイムで翻訳することが可能に。
この機能最大の特徴はLTEやWi-Fi等のデータ通信を行わず翻訳が可能な点だ。

執筆時点での対応言語は以下のようになっている。

英語↔フランス語
英語↔ドイツ語
英語↔イタリア語
英語↔ポルトガル語
英語↔ロシア語
英語↔スペイン語

カメラ翻訳モード

撮影した写真から文字をハイライト表示し翻訳することが可能に。
今回のアップデートでは36言語に対応しているとのこと。

音声会話モードで言語を自動検出

音声入力で翻訳を開始すると、Google翻訳が2つの言語のどちらが発声されているかを認識するため、相手とよりスムーズに会話することが可能に。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 

関連記事

コメント0

Comment

*

CAPTCHA