Apple、21.5インチ型「 iMac Retina 4Kディスプレイモデル」を準備中か。「OS X 10.11 El Capitan」からコードが発見される

 
iMac-21-5

今年5月ごろ、27インチ型「iMac Retina 5Kディスプレイモデル」のエントリーモデルが新たにリリースされたばかりではあるが、21.5インチモデルiMacのRetinaディスプレイのリリースはされず少々落胆していた人も多いのではないだろうか。

そんな中、先日デベロッパー向けにリリースされた「OS X 10.11 El Capitan」のソースコードに21.5インチ型「 iMac Retina 4Kディスプレイモデル」に関する記述がされていることが9 to 5 Macにより明らかとなった。

4K解像度である”4096 X 2304″の記述を発見

OS X 10.11 El Capitanのソースコードに「OS X Yosemite」では記述されていなかった、4K解像度である「4096 X 2304 Retina」の記述が発見された。なお、27インチ型「iMac Retina 5Kディスプレイモデル」の解像度は「1920 x 1080」である。

New El Capitan beta reveals 4K 21.5-inch iMac-01

グラフィックチップ等に記述も発見

New El Capitan beta reveals 4K 21.5-inch iMac-02

また、解像度に関する記述以外にもグラフィックチップ「Intel Iris Pro Graphics 6200」や「AMD Radeon R9」に関する記述もソースコードより発見されている。

21.5インチモデルが実際にリリースされるのであれば、27インチモデルと比較した際少なからず価格は下がるはずなので、これまで手を出しずらかった人にも購入のハードルは若干下がることだろう。

Source:9 to 5 Mac

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 

関連記事

Comment

*

CAPTCHA