「App Store」や「iTunes Store」で購入したコンテンツの領収書を再発行する方法

App Storeで有料アプリを購入した場合やiTunes Storeで映画のレンタル等を行った場合、登録しているApple ID宛てに領収書として後日メールが送られてくる仕組みとなっていることは周知されていることであろう。

領収書は不正利用されていないか知る上での最終確認として用いられることも多いが、個人事業主であれば経費として落とすこともできるなど可能であれば印刷した上で管理しておきたいところ。

そこで今回は、誤ってメールを削除してしまった場合やメールが届かなかった場合であってもオンライン上から領収書を再発行し印刷できる方法をご紹介。

App Store&iTunes Storeで購入したコンテンツの領収書を発行する方法

1.Appleの「問題報告ページ」にアクセスし領収書を発行したいコンテンツを購入したApple IDでログイン

※iPhoneでアクセスする際にはサードパーティー製のブラウザではなくSafariでのアクセスを推奨する

2.二段階認証(2ファクタ認証)を設定している場合には、確認コードを受け取る方法を設定済みの手法から任意のものを選択

3.該当ブラウザで初めてログイン(Cookieの削除等も含める)した場合には「このブラウザを信頼しますか」と表示されるので、共有デバイス等でなければ「信頼する」をタップ。それ以外であれば「信頼しない」をタップ。

4.画面右上のメニューバーをタップし「領収書」を選択。領収書を発行したいコンテンツタイトルが表示されている右横にある「領収書」をタップ

5.画面下にスクロールし「印刷」をタップ。プリンタを選択し「プリント」をタップすると紙などに印刷することができる

領収書を発行したいコンテンツが表示されない場合

なお、購入期限があまりにも古いものになってしまうと今回の方法では領収書を発行することはできない。万が一、発行したい購入履歴が表示されない場合には「iTunes と Apple Music」ページより、「iTunes Store」>「購入、請求およびコード」> 「iTunes Storeアカウントの請求」から電話あるいはメールにてサポートを受けることができるので合わせて確認して欲しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA