最も正確なウェアラブル「Apple Watch」、心拍センサーだけでユーザーを識別する特許を取得

 

Apple-Watch

Appleが発売している時計型ウェアラブル端末「Apple Wacth」は、心拍数測定の精度が90%であることから最も正確なウェアラブル端末として認められている。

それほど正確な端末であるからこそ、心拍センサーだけでユーザー認証を可能にしてしまうことも可能なのかもしれない。Appleが、パルスオキシメーターを利用してユーザーの血管を識別可能にする「User identification system based on plethysmography(脈波を利用したユーザー識別システム)」なる特許を取得していることが明らかとなった。

医療機器同等の機能を実現へ

パルスオキシメーターと聞いても耳慣れない言葉であるがゆえに、イメージが付きにくいユーザーも多いと思うので説明するとプローブを指先や耳などに付けて、侵襲せずに脈拍数と経皮的動脈血酸素飽和度をモニターする医療機器である。とりあえず、モニターできる医療機器とだけ認識してもらえれば十分だろう。

さて、医療機器と同等の技術をどのようにして「Apple Wacth」で実現するのか気になるはず。特許説明によれば、肌や血液など身体の一部分に光を当て、光が吸収される程度および光の反射具合を測定した上で、前回の測定結果と同一のものであるかの確認を行うという。

なお、同特許には光を用いた識別方法のほか、加速度センサーやジャイロスコープを利用した認証プロセスをスタートさせることも検討しているとのこと。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 

関連記事

コメント0

Comment

*

CAPTCHA