「Apple Watch」、初代iPhoneの2倍も売り上げていたことが判明

 

applewatch-tattoo-issue

2016年4月に発売されてから1年が経過した「Apple Watch」であるが、当初売り上げが不安視されていたにも関わらず初代iPhoneの2倍も売り上げていたことが明らかとなった。

スマートウォッチ市場の61%を占める

Apple_watch_1th

発売当初、売り上げが不安視されていた「Apple Watch」であるが、結果的にはスマートウォッチの市場の61%をも占める好発進となった。

初代iPhoneの売り上げ台数は610万台であるのに対し、Apple Watchは1年間で1,200万本も売り上げている。今となっては、1年間で2億台以上売れているiPhoneであるが新たな製品であるにも関わらず、2倍の数字を上げることができたことは正に成功といえるだろう。

なお、今期のApple Watchの出荷台数は300〜350万台になる見込みとのこと。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 

関連記事

コメント0

Comment

*

CAPTCHA