「Apple Watch」、バッテリー消費を抑える為の「Power Reserve」モード搭載か

 
apple watch

iPhoneよりもバッテリー持ちが悪いと言われている「Apple Watch」だが、その対策としてバッテリー消費を節約するために「Power Reserve(パワーリザーブ)」といった機能が搭載されていることがThe New York Timesにより分かった。

時計機能以外の機能を制限

同機能を有効化させることにより、バッテリーの消費を抑えることが可能となるが、時計機能のみの機能に制限されてしまい「iPhone」との連携を用いた通知機能などを利用は不可能となるとのこと。

なお、9To5Macによると「Apple Watch」のバッテリー持ちは1日に満たないどころか、使用方法次第では2.5時間ほどで切れてしまう可能性を指摘しており発売までにどこまで改善されるのかに注目していきたい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 

関連記事

コメント0

Comment

*

CAPTCHA