Apple、2015年後半に4インチモデルを含む3種類の新モデル「iPhone」を同時発売か

 
222413-1280

DigiTimesによると、Appleは2015年後半に4インチモデルを含んだ3種類の新モデル「iPhone」を同時に発売する方針であることを発表した。

今回展開される新モデルは、iPhone 6s「iPhone 6s Plus」を始め4インチディスプレイを搭載したもので業界筋によると「iPhone 6c」と呼ばれているとのこと。

ディスプレイ製造はシャープを始めとした3社

「iPhone 6s Plus」と「iPhone 6c」の2つのモデルのディスプレイはジャパンディスプレイ・シャープ・LG Displayの3社が供給することが既に決定しており、「iPhone 6s」においてはジャパンディスプレイとLG Displayの2社が供給する見通し。


また、ディスプレイにはいずれもGorilla GlassNFC指紋認証機能が採用される見通しで、「iPhone 6s」では「A9」チップを、「iPhone 6c」では「A8」チップが搭載される予定とのことだ。

以前にも4インチiPhoneの発売が噂されていたが、サプライチェーン側に発注がなされていないとし否定された。だが、その否定報道から2ヶ月以上が経過した今、サプライチェーン側になんらかの指示が与えられている可能性も高く今回の報道に期待しても問題はないかもしれない。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 

関連記事

コメント0

Comment

*

CAPTCHA