JR東日本、「Apple Pay」に関する案内を公開! EX−ICは使用不可であることが明らかに

 
applepay_iphone7

Appleが提供するモバイル決算サービス「Apple Pay」が、今月中にも日本国内でも利用可能になる予定であるが、JR東日本が公開した最新情報によると、一部機能が制限された状態でリリースされることになりそうだ。

EX-IC、銀行/キャリア決算チャージ等が利用できない状態に

待望の「Apple Pay」が今月中には国内でも解禁されるわけであるが、JR東海が提供する東海道・山陽新幹線の予約サービス「EX-IC」および銀行チャージ、キャリア決済チャージ、ネット決済サービスなどが利用できないほか、ビュー・エクスプレス特約をiPhoneへと移行すると解除されるなど一部制限があることが明らかとなった。

その他にも、フィーチャーフォン・Android端末からiPhoneへ機種変更の際は、iPhoneでSuicaカードの取り込みやSuicaカードの新規発行を行う前に、サーバへ預け入れたデータの受け取り操作を行わないとデータの受け取りができなくなるなどの案内がなされている。

これらの案内から、「モバイルSuica」としての機能のほとんどは利用することができない状態であることが見て取れる。オートチャージに関しては触れられていないので初期段階から使用できるものと考えられる。個人的には、オートチャージ機能を有していれば満足なので期待したいところ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 

関連記事

コメント0

Comment

*

CAPTCHA