刷新された「Apple Music」は「iOS 10」の一部として同時リリースか

 

Apple-Music-in-iPhone

昨夜、「Apple Music」がWWDC 2016で大幅に刷新される可能性があるとお伝えした。

9To5Macによると、情報筋から得た情報として新たな「Apple Music」は「iOS 10」の一部として組み込まれWWDC 2016後の今秋にも同時にリリースすると報じており刷新の具体的な内容も明らかとなった。

よりシンプルかつ見やすくUIを刷新

Appleは「Apple Music」の刷新に昨年末から取り組みを開始していたようで本格的に始動したのは今年2月。情報筋から得た情報によれば、従来の透過性のカラフルなユーザーインターフェイスは白黒をベースとしたシンプルなデザインに。そして、アルバムアートワークをより大きく表示するようにする模様。

フォントは「iOS 9」や「OS X 10.11 El Captan」でも採用されている、Appleのオリジナルフォント「San Francisco」でメニュータブにはより大きな文字表示がなされるほか、メニュータブはNEWタブが廃止され、新たにBrowseタブが加わる見込み。

また、ユーザーのレコメンドに会わせて曲をマッチングさせる「For You」機能に関しても従来のデザインよりもシンプルになり、機能も簡略化されるようだ。

数人の幹部の退社そしてApple Musicに対する評価が真っ向から分かれている状況に戦略の立て直しを図ることを決意したApple。新しい「Apple Music」はWWDC 2016にて「iOS 10」の一部として今秋にもリリースされる見通し。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 

関連記事

Comment

*

CAPTCHA