クローン版Flappy Birdにご注意

 

flappy-bird 大人気アプリである「Flappy Bird」が公開が停止されてしまっていますが、iOSやAndroidではクローン(偽物)が蔓延している状態となっています。そのクローンをMcAfeeの研究所が調べたところ、約80%にマルウェアの混入が認められたとしています。

McAfee Labs(研究所)はApp StoreとGoogle Playで配布されている300種類のサンプルを調査。その結果238種類に何らかのマルウェアが混入されていたとのこと。最も多いマルウェアとしては、ユーザーの許可を得ない通話・不要なSMS受信・電話帳データの抜き出し・ユーザー位置情報の不正取得といった悪質なもの。いくつかのケースでは、端末にrootアクセスできるアクセス権を掌握されてしまっている場合もあり、非常に危険な状態です。

McAfee Labsの最高技術ストラテジストを務めるBrian Kenyon氏によると、Androidの方がiOSよりもマルウェアに遭遇する可能性があるものの、iOSであっても同様の可能性があると指摘しました。特に脱獄しており、不正にFlappy Birdを入手したユーザーは要注意とのことです。

参考:BGR

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 

関連記事

Comment

*

CAPTCHA